香水とは


香水は、昔、宗教的な用途や薬用として使われていました。
現代では楽しみやマナーとしての香水が使われています。
香水は香料をアルコールに溶かして作られる物です。
現在では数え切れないほど香水の種類も増え、数多くのブランドが生まれています。

日本はもともと欧米に比較して体臭が少ないほうです。
風呂に入る習慣と、臭いに対して敏感であることから、日本人には無臭が好まれる傾向にあります。
したがって、香水の使用率は欧米ほど一般的ではないのです。
日本でも大きな産業として栄えてはきましたが、日本の化粧品会社の製品でも、多くの人気商品が海外から輸入されているのが現状です。

香水は付けた人の体臭と混ざり合って香り発揮します。
最初の香水の香りから、身に付けた時の香りを知ることは出来ません。
それは肌の酸性度、水分量、皮脂量がそれぞれ違うことが理由の一つです。

また、香りは時間がたつと変化します。
トップ・ノートとは香水をつけて10分くらいの香りのことを言います。
ミドル・ノートとは少し時間が経って20〜30分ぐらいの香りのことを言います。
ラスト・ノートとは、時間が経って消えてしまうまでの香りのことを言います。
この香りの変化も、早さや濃度や商品によって違います。

揮発性を利用する為には、首につけるとよいでしょう。
体温の高い脈打つ場所につけるという理由ですね。
特にひじの内側は皮膚温が高く、よく動かす場所なので、効率を揮発します。
同じ静脈でも手首は衣服に触れる事が多いので、香りが早くなくなります。
またハンカチなどにつける場合は、香水によるシミができることがあるので注意してください。

調香師とは香水の調合を職業とする人をいいます。
パフューマーとも呼びます。
また石鹸、シャンプー、清涼飲料水等の食品に香料を調合する人はフレーヴァリストといいます。

香水の購入方法


香水は、ただ買えばいいというものではありません。
正しい購入方法で香水を選びましょう。

【まずは香水ショップへ】
香りは、買ったときの体調や気分と繋がりが出てきます。
たくさんの香水の中から自分の香水を探し出すので、体調が良く気分も明るい時に行くことをお勧めします。
女性の場合、妊娠中は香水の影響が強く出ると言われています。

【選び方のポイント】
初めて香水を選ぶ時は、種類の多さに迷うと思います。
まずは、どんな時に香水を使いたいか考えてみましょう。
仕事で使うのか、オフタイムだけ使用するのか、いつもつけていたいのかで香水の香りも違ってきます。
例えば、フローラル系かシトラス系で考えてみる。
あるいはセクシー系か癒し系で探してみるなど、ショップの店員さんにも相談してみるといいでしょう。
2〜3品に絞り込んだらテイスティングを行います。

【香りを比べてみましょう】
香りを比べる時に気をつけること。
それは、直接ボトルから匂いを嗅がないことです。
香水は液体の香りを基準にするのではなく、肌につけて初めてその香水の香りがわかります。
まずはムエットで香りをチェックしてください。
そのときムエットを軽く振ってアルコールを飛ばしてください。
ムエットにスプレーした直後の香りはトップノートの香りなのできつく感じることもあるでしょう。
また、多くの香りを嗅いでしまうと嗅覚も鈍ってしまいます。
注意してくださいね。

【実際に肌につけましょう】
ムエットで気に入った香りを、実際に肌につけて試してください。
テストするときは、体温の高い部位に30cmくらい離してスプレーします。
そして少し時間をおいて香りを確かめてみます。
30分後くらいでミドルノートになります。

以上のポイントをしっかりおさえて、正しい購入方法で自分だけの香水を見つけてみましょう。

香水の付け方


香水の付け方の紹介をします。
正しい付け方を知らない人は、意外と多いものです。
あなたはご存知でしたか?

【付ける場所】
手首にひと吹きして両手首をこすり合わせ人が多いと思いますが、実はこの方法はあまり良い付け方とは言えません。
香水は体温によって温められて揮発します。
そのために、下から上へと漂っていきます。
したがって香水は下半身に付けると全身を包むよう香りが広がります。
付けた香水をこすり合わせる事は、香りがつぶれてしまう原因になるのでお勧めすることは出来ません。

また、汗をかきやすい場所は匂いが変化します。
よって、持続時間も短くなるので、避けた方がいいでしょう。

では体のどこに付けたらよいのでしょうか?
じつは、足首に付けるのがオススメです。
足首は体温も低く持続時間も長くなります。
そのほかにひざの裏や太ももの内側、おなかや腰、なども無難な場所です。
胸元、手首、首筋、ひじ、髪などは香りが強くなります。

きつい香りのタイプの香水や、付けすぎに注意して下さい。

【付ける量】
香りのきついものは少なめの方がいいですね。
基本的にはオーデパルファムやパルファムは1、2ヶ所。
オーデコロンは広く付けてかまいません。
同じ香水を毎日付けていると、香りに慣れ、匂いの感じ方が鈍ります。
そのために付ける量が増えていきがちです。
周りの人を不快にさせる事もあるので気をつけましょうね。

また香水は、朝、出かける30分以上前に付けておくのがベストです。
混んでいる電車やバスの中ではトップノートの香りは強く感じられます。
仕事中は足首などにつけるのが1番よいでしょう。

以上のように、マナーを守って香りを楽しみましょう。

香水を使う時の注意点


香水はとてもいい匂いですが、つけるタイミングや場所など注意も必要です。
どんな時に気をつけるのか、ここで紹介していきたいと思います。

【絶対に付けてはいけない所】
香水もマナーとして、絶対に付けてはいけない場所があります。
病院のお見舞いやお葬式等は控えましょう。

茶道をされる方は、お茶会などでお香を焚く場合があります。
ここでも、香水は控えておいた方がいいでしょう。

ちょっとフォーマルな食事会も、付けないほうが無難です。
香りがキツすぎると、食事が台無しになるかもしれません。
食事の匂いも食事のひとつとされているからです。

直射日光に当たるところに付けると、肌にシミができる危険があります。
出来るだけ避けてください。

真珠に香水をつけると真珠が溶けてしまうことがあります。

毛皮、シルク、コットン、レーヨン、アセテートなどに香水をつけると、香りが落ちにくくなります。
またシミになることもあります。
出来るだけ裏地に香水をつけるようにしてください。
シミをつくってしまった場合は、早いうちに、裏にタオルを当て、消毒用アルコールを軽く含ませた布で軽くたたいてください。
応急処置なので、専門のクリーニングに頼む方がいいでしょう。

エアコンのフィルターに香水をつけると、時間がたった時好ましくない香りがすることがあります。
これは香水の原料に動物性香料が含まれている場合です。
人間の肌と接触がないので、ストレートに香りが出て来ます。

危険な場所は、山やキャンプ等です。
自然の多い所は、虫を刺激します。
夏場はスズメバチ等、注意してください。

香りは注意して楽しみましょうね。

香水の保存方法


香水はボトルがとても綺麗で可愛いものがたくさんあります。
インテリアとして飾っておきたい気持ちもわかりますが、このように飾って使っている香水は、中の香水の状態がよいとはいえません。
香りや色までも、変化してしまうのです。
ではどんな方法で香水を保管するのがベストなのでしょうか。

香水は、直射日光を避けてなるべく涼しい暗い場所に置いてください。
17度以下の暗い場所がよいでしょう。
そうすることによって、アルコールの蒸発を防げます。
最も適している場所は冷蔵庫です。
この方法だと数年もちますよ。
しかし、他のものに香りが移ってしまうので、冷蔵庫で保管する場合は、密閉容器に入れる工夫が必要です。

香水の品質保持期間は、使い始めてから1年を目安にしてください。
ヨーロッパで作られている香水は長持ちすると言われています。
しかし、色が変わった、香りが違う、などといった場合は注意してください。
香水の瓶を立たせたまま保存することも、ポイントの一つです。

それから、栓をしっかり締めて、出来るだけ箱に入れたまま保管することも大切です。
香水は空気に触れると酸化してしまいます。
内容量が半分くらいになったら、ビー玉やビーズを入れて水位を上げると酸化を防いでくれるでしょう。

また、スプレータイプでないボトルの香水がありますね。
この香水のタイプは、出来るだけ指の汚れを中身に移さないでください。
難しい場合はアトマイザーに移して使うことをお勧めします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。