香水とは


香水は、昔、宗教的な用途や薬用として使われていました。
現代では楽しみやマナーとしての香水が使われています。
香水は香料をアルコールに溶かして作られる物です。
現在では数え切れないほど香水の種類も増え、数多くのブランドが生まれています。

日本はもともと欧米に比較して体臭が少ないほうです。
風呂に入る習慣と、臭いに対して敏感であることから、日本人には無臭が好まれる傾向にあります。
したがって、香水の使用率は欧米ほど一般的ではないのです。
日本でも大きな産業として栄えてはきましたが、日本の化粧品会社の製品でも、多くの人気商品が海外から輸入されているのが現状です。

香水は付けた人の体臭と混ざり合って香り発揮します。
最初の香水の香りから、身に付けた時の香りを知ることは出来ません。
それは肌の酸性度、水分量、皮脂量がそれぞれ違うことが理由の一つです。

また、香りは時間がたつと変化します。
トップ・ノートとは香水をつけて10分くらいの香りのことを言います。
ミドル・ノートとは少し時間が経って20〜30分ぐらいの香りのことを言います。
ラスト・ノートとは、時間が経って消えてしまうまでの香りのことを言います。
この香りの変化も、早さや濃度や商品によって違います。

揮発性を利用する為には、首につけるとよいでしょう。
体温の高い脈打つ場所につけるという理由ですね。
特にひじの内側は皮膚温が高く、よく動かす場所なので、効率を揮発します。
同じ静脈でも手首は衣服に触れる事が多いので、香りが早くなくなります。
またハンカチなどにつける場合は、香水によるシミができることがあるので注意してください。

調香師とは香水の調合を職業とする人をいいます。
パフューマーとも呼びます。
また石鹸、シャンプー、清涼飲料水等の食品に香料を調合する人はフレーヴァリストといいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。