香水の購入方法


香水は、ただ買えばいいというものではありません。
正しい購入方法で香水を選びましょう。

【まずは香水ショップへ】
香りは、買ったときの体調や気分と繋がりが出てきます。
たくさんの香水の中から自分の香水を探し出すので、体調が良く気分も明るい時に行くことをお勧めします。
女性の場合、妊娠中は香水の影響が強く出ると言われています。

【選び方のポイント】
初めて香水を選ぶ時は、種類の多さに迷うと思います。
まずは、どんな時に香水を使いたいか考えてみましょう。
仕事で使うのか、オフタイムだけ使用するのか、いつもつけていたいのかで香水の香りも違ってきます。
例えば、フローラル系かシトラス系で考えてみる。
あるいはセクシー系か癒し系で探してみるなど、ショップの店員さんにも相談してみるといいでしょう。
2〜3品に絞り込んだらテイスティングを行います。

【香りを比べてみましょう】
香りを比べる時に気をつけること。
それは、直接ボトルから匂いを嗅がないことです。
香水は液体の香りを基準にするのではなく、肌につけて初めてその香水の香りがわかります。
まずはムエットで香りをチェックしてください。
そのときムエットを軽く振ってアルコールを飛ばしてください。
ムエットにスプレーした直後の香りはトップノートの香りなのできつく感じることもあるでしょう。
また、多くの香りを嗅いでしまうと嗅覚も鈍ってしまいます。
注意してくださいね。

【実際に肌につけましょう】
ムエットで気に入った香りを、実際に肌につけて試してください。
テストするときは、体温の高い部位に30cmくらい離してスプレーします。
そして少し時間をおいて香りを確かめてみます。
30分後くらいでミドルノートになります。

以上のポイントをしっかりおさえて、正しい購入方法で自分だけの香水を見つけてみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。