香水の付け方


香水の付け方の紹介をします。
正しい付け方を知らない人は、意外と多いものです。
あなたはご存知でしたか?

【付ける場所】
手首にひと吹きして両手首をこすり合わせ人が多いと思いますが、実はこの方法はあまり良い付け方とは言えません。
香水は体温によって温められて揮発します。
そのために、下から上へと漂っていきます。
したがって香水は下半身に付けると全身を包むよう香りが広がります。
付けた香水をこすり合わせる事は、香りがつぶれてしまう原因になるのでお勧めすることは出来ません。

また、汗をかきやすい場所は匂いが変化します。
よって、持続時間も短くなるので、避けた方がいいでしょう。

では体のどこに付けたらよいのでしょうか?
じつは、足首に付けるのがオススメです。
足首は体温も低く持続時間も長くなります。
そのほかにひざの裏や太ももの内側、おなかや腰、なども無難な場所です。
胸元、手首、首筋、ひじ、髪などは香りが強くなります。

きつい香りのタイプの香水や、付けすぎに注意して下さい。

【付ける量】
香りのきついものは少なめの方がいいですね。
基本的にはオーデパルファムやパルファムは1、2ヶ所。
オーデコロンは広く付けてかまいません。
同じ香水を毎日付けていると、香りに慣れ、匂いの感じ方が鈍ります。
そのために付ける量が増えていきがちです。
周りの人を不快にさせる事もあるので気をつけましょうね。

また香水は、朝、出かける30分以上前に付けておくのがベストです。
混んでいる電車やバスの中ではトップノートの香りは強く感じられます。
仕事中は足首などにつけるのが1番よいでしょう。

以上のように、マナーを守って香りを楽しみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。