香水を使う時の注意点


香水はとてもいい匂いですが、つけるタイミングや場所など注意も必要です。
どんな時に気をつけるのか、ここで紹介していきたいと思います。

【絶対に付けてはいけない所】
香水もマナーとして、絶対に付けてはいけない場所があります。
病院のお見舞いやお葬式等は控えましょう。

茶道をされる方は、お茶会などでお香を焚く場合があります。
ここでも、香水は控えておいた方がいいでしょう。

ちょっとフォーマルな食事会も、付けないほうが無難です。
香りがキツすぎると、食事が台無しになるかもしれません。
食事の匂いも食事のひとつとされているからです。

直射日光に当たるところに付けると、肌にシミができる危険があります。
出来るだけ避けてください。

真珠に香水をつけると真珠が溶けてしまうことがあります。

毛皮、シルク、コットン、レーヨン、アセテートなどに香水をつけると、香りが落ちにくくなります。
またシミになることもあります。
出来るだけ裏地に香水をつけるようにしてください。
シミをつくってしまった場合は、早いうちに、裏にタオルを当て、消毒用アルコールを軽く含ませた布で軽くたたいてください。
応急処置なので、専門のクリーニングに頼む方がいいでしょう。

エアコンのフィルターに香水をつけると、時間がたった時好ましくない香りがすることがあります。
これは香水の原料に動物性香料が含まれている場合です。
人間の肌と接触がないので、ストレートに香りが出て来ます。

危険な場所は、山やキャンプ等です。
自然の多い所は、虫を刺激します。
夏場はスズメバチ等、注意してください。

香りは注意して楽しみましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。