香水の保存方法


香水はボトルがとても綺麗で可愛いものがたくさんあります。
インテリアとして飾っておきたい気持ちもわかりますが、このように飾って使っている香水は、中の香水の状態がよいとはいえません。
香りや色までも、変化してしまうのです。
ではどんな方法で香水を保管するのがベストなのでしょうか。

香水は、直射日光を避けてなるべく涼しい暗い場所に置いてください。
17度以下の暗い場所がよいでしょう。
そうすることによって、アルコールの蒸発を防げます。
最も適している場所は冷蔵庫です。
この方法だと数年もちますよ。
しかし、他のものに香りが移ってしまうので、冷蔵庫で保管する場合は、密閉容器に入れる工夫が必要です。

香水の品質保持期間は、使い始めてから1年を目安にしてください。
ヨーロッパで作られている香水は長持ちすると言われています。
しかし、色が変わった、香りが違う、などといった場合は注意してください。
香水の瓶を立たせたまま保存することも、ポイントの一つです。

それから、栓をしっかり締めて、出来るだけ箱に入れたまま保管することも大切です。
香水は空気に触れると酸化してしまいます。
内容量が半分くらいになったら、ビー玉やビーズを入れて水位を上げると酸化を防いでくれるでしょう。

また、スプレータイプでないボトルの香水がありますね。
この香水のタイプは、出来るだけ指の汚れを中身に移さないでください。
難しい場合はアトマイザーに移して使うことをお勧めします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。