男性に人気の香水ランキング



人気ランキング第1位 【ブルガリ】 ブルガリプールオム

名前の意味 = 男性用のブルガリ
ブルガリ プールオムは、男性用フレグランスです。
香りはエレガントで、フレッシュな香りです。
ダージリンティーのフレッシュなノートになっています。
その中にも、稀少性の高いムスクとさりげないスパイスが融合し、独創的な個性をよりいっそう引き立てるオードトワレです。
知的な大人の男性に似合う香りです。
50ml 定価 7,245円
100ml 定価 9,870円

人気ランキング第2位 【フェラーリ】 ライトエッセンス

フェラーリ初の男女で使える香水です。
グリーンアップルとカリフォルニアレモンのフレッシュな香りです。
ライトブルーに近い爽やかな香りはエレガントなイメージで作られています。
30ml 定価 4,725円
75ml 定価 7,875円

人気ランキング第3位 【ジバンシー】 ウルトラマリン

名前の意味 = 群青色
広大な海をイメージしたマリンブルーのボトル。
ベルガモットにクローブやミントなどのスパイシーなブレンドが爽快感を出してくれることでしょう。
エネルギッシュとクールで爽やかな香りになっています。
ユニセックス フレグランスとして男女問わず好感度の高い香りです。
30ml 定価 4,725円
100ml 定価10,500円

人気ランキング第4位 【ドルチェ&ガッパーナ】 ライトブルー

人気ランキング第5位 【エンジェルハート】 ライオンハート

人気ランキング第6位 【ジャンヌアルテス】 セクシーボーイ

人気ランキング第7位 【ブルガリ】 ブルガリブラック

人気ランキング第8位 【アランドロン】 サムライエアー

人気ランキング第9位 【ヴェルサーチ】 ブルージーンズ

人気ランキング第10位 【アランドロン】 サムライライトコンプリート

女性に人気の香水ランキング


人気ランキング第1位 【ベビードール】BABY DOLL

ベビードールの名前の意味 = 赤ちゃん人形
ベビードールの香水は幸せを運ぶ香水と言われています。
香りは女性らしいフルーティフローラルで、ダイヤ型のボトルが印象的です。
気まぐれでキュートな女性の魅力と無邪気でセクシーな女性を演出してくれます。
フレッシュなグレープフルーツとワイルドローズなどで表現されているフレグランス。
ベビードールは男性が選んだ女性に付けて欲しい香水ナンバーワンです。
30ml 定価 5,040円
50ml 定価 7,717円

人気ランキング第2位 【フェラガモ】インカントシャイン

インカントシャインは、フルーティフローラルのカラフルな虹のような印象の香水です。
調香師はカリーヌ デュブレイユ。
フェラガモ インカントシャイン は、まばゆい光を放ちながら誕生しました。
パッションフルーツのカクテルそしてきらめくようなパイナップル、ジューシィなトップノートの香りです。
優しいフリージアからなるミドルノート。
ベースノートは、柔らかなアンバーと透明感のあるシダーウッドにより、センシュアルなオーラを放ち輝きます。
ボトルは彫刻家セルジュ マンソーによってデザインされました。
ボトルはカラフルな模様で、さわやかなスカイブルーと美しい虹を喚起させます。
30ml 定価 5,460円
50ml 定価 8,400円

人気ランキング第3位 【ジェニファーロペス】スティル

トップノートの日本酒の香りがアクセントのスティル 。
セクシーで透明感があり魔力のある香りです。
30ml 定価 6,300円
50ml 定価 9,450円

人気ランキング第4位 【ランバン】エクラドゥアルページュサマー

人気ランキング第5位 【アランドロン】サムライウーマン

人気ランキング第6位 【ブリトニースピアーズ】ミッドナイトファンタジー

人気ランキング第7位 【エリザベスアーデン】グリーンティー

人気ランキング第8位 【ラブ&ピース】ラブ&ピース2

人気ランキング第9位 【エルメス】ナイルの庭

人気ランキング第10位 【グッチ】ラッシュ2

香水とは


香水は、昔、宗教的な用途や薬用として使われていました。
現代では楽しみやマナーとしての香水が使われています。
香水は香料をアルコールに溶かして作られる物です。
現在では数え切れないほど香水の種類も増え、数多くのブランドが生まれています。

日本はもともと欧米に比較して体臭が少ないほうです。
風呂に入る習慣と、臭いに対して敏感であることから、日本人には無臭が好まれる傾向にあります。
したがって、香水の使用率は欧米ほど一般的ではないのです。
日本でも大きな産業として栄えてはきましたが、日本の化粧品会社の製品でも、多くの人気商品が海外から輸入されているのが現状です。

香水は付けた人の体臭と混ざり合って香り発揮します。
最初の香水の香りから、身に付けた時の香りを知ることは出来ません。
それは肌の酸性度、水分量、皮脂量がそれぞれ違うことが理由の一つです。

また、香りは時間がたつと変化します。
トップ・ノートとは香水をつけて10分くらいの香りのことを言います。
ミドル・ノートとは少し時間が経って20〜30分ぐらいの香りのことを言います。
ラスト・ノートとは、時間が経って消えてしまうまでの香りのことを言います。
この香りの変化も、早さや濃度や商品によって違います。

揮発性を利用する為には、首につけるとよいでしょう。
体温の高い脈打つ場所につけるという理由ですね。
特にひじの内側は皮膚温が高く、よく動かす場所なので、効率を揮発します。
同じ静脈でも手首は衣服に触れる事が多いので、香りが早くなくなります。
またハンカチなどにつける場合は、香水によるシミができることがあるので注意してください。

調香師とは香水の調合を職業とする人をいいます。
パフューマーとも呼びます。
また石鹸、シャンプー、清涼飲料水等の食品に香料を調合する人はフレーヴァリストといいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。